不妊におすすめのマカサプリ比較 » 妊活をサポート!マカに期待できる効果とは? » ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスを整える

このページでは、マカの持つホルモンバランスを整える作用について解説します。

マカの持つホルモンバランスの調整作用とは?

マカは、ホルモンバランスを整えてくれる作用が期待できます。しかし、一定の効果があるからこそ気になってしまうのは副作用の問題ですよね。ホルモンバランスを整えるために飲んだサプリでかえってホルモンバランスが崩れてしまった、なんていう声を耳にしたことがある人もいるかもしれません。本当にマカにはホルモンバランスを正常化する作用があるのか、副作用があるのかについてお伝えします。

植物エストロゲンとアルギニンの2つの成分

そもそも、なぜマカには乱れたホルモンバランスを整える効果が期待できるのでしょうか。マカには女性ホルモンの一つであるエストロゲンのような働きをする、「植物エストロゲン」と「アルギニン」という2つの成分が入っているからです。妊娠するためには女性ホルモンであるエストロゲンの作用が必要ですが、植物エストロゲンは、女性ホルモンのエストロゲンを高める作用が、アルギニンには脳の視床下部や脳下垂体の働きを調整する作用があります。

マカを過剰摂取すると、月経不順になるケースも…

マカは乱れたホルモンバランスを整え、月経のサイクルを正常にしてくれる効果が期待できます。しかし、中にはマカのパワーが強すぎて、かえって月経不順になってしまったというケースもあります。そのような場合は、女性ホルモンではなく男性ホルモンが強くなってしまったことが原因だとされています。

実は、女性にも男性ホルモンは存在しているのです。筋肉質な体をつくり、内臓脂肪の増加を抑えたり、骨を太くしたりするのは男性ホルモンの働きです。

一方女性ホルモンは、丸みを帯びた体をつくったり、自律神経を安定させたりする作用があります。普段は女性ホルモンの方が優勢を保っているので、生理があって妊娠できるのですが、そのバランスが崩れると妊娠しづらい体になってしまいます。専門家の中には、アルギニンの作用が強く出た場合に月経不順になってしまうのではと指摘する人もいます。

マカは食品!薬ではないので心配しすぎないで

男性ホルモンが過剰になってしまうくらいなら、飲まない方がいい。そう決めつけるのは少し待ってくださいね。このようなケースは大量摂取してしまったことが原因です。マカはあくまで食品ですから、薬のような強い作用はありません。用法や容量を守っていれば問題が起こることはほとんどないでしょう。基本的には安全な成分なので、心配しすぎずうまく活用することを考えてみてくださいね。

生理不順対策

生理不順の原因は、ストレスや生活習慣、ホルモンバランスの乱れなど様々。生理不順でも妊娠できた人はたくさんいますが、女性の体は生理のサイクルを通してホルモンを変動させています。

生理が不順になると卵巣機能が低下し、女性ホルモンの分泌も減ってしまうので、注意が必要です。

生理のリズムを整えることで、妊娠しやすい体に近づけることになります。

マカは、必須アミノ酸やミネラルなどの栄養成分を豊富に含んでいます。継続的に毎日摂取することで、ホルモンバランスが整い、正常なサイクルに導いてくれる役割が期待できるので、サプリで効率良く摂取するのがおすすめです。

マカの生理不順対策について詳しく見る