不妊におすすめのマカサプリ比較 » 妊活をサポート!マカに期待できる効果とは? » ホルモンバランスを整える » 生理不順対策

生理不順対策

このページでは、マカが生理不順対策にどう作用するかについて解説しています。

生理不順を放置するとどんなことが起こる?

年に数回しか生理が来ない、生理周期が長すぎたり、短すぎたりすることはありませんか?昔から生理不順だったからあまり気にしていないという人もいるかもしれませんね。生理不順を放っておくと、どんなことが起こるのか知っておきましょう。

卵巣の機能が低下し、女性ホルモンの分泌が減る

ホルモン分泌の調整は、脳内のホルモン中枢である視床下部や下垂体で行っています。この視床下部や下垂体がストレスなどで影響を受けると女性ホルモンが不足してしまうのです。女性ホルモンが分泌されなくなると生理が来なくなってしまい、卵巣の機能も低下してしまいます。卵巣機能が低下すると女性ホルモンの分泌も減るという負のループに入ります。そのため、将来妊娠を考えているのであれば生理不順は早く改善する必要があるのです。

赤ちゃんを産むために必要な卵子を、一定周期で子宮へと排卵する働きを持つ卵巣は、女性ホルモンの分泌を司る臓器でもあります。その仕組みを紐解いてみましょう。卵巣では、月経前、卵胞と呼ばれる卵子の元となる細胞が少しずつ成熟し始めます。それに伴い、エストロゲンの分泌が卵巣で増え始めます。エストロゲンは子宮内膜を分厚くする働きかけをするホルモンで、女性ホルモンと呼ばれることもあります。

卵巣は、加齢に伴い次第に機能が低下し始めます。その結果、卵子数が減るとともにこの女性ホルモン・エストロゲンの分泌低下も始まります。
これ自体は女性が年齢を重ね、閉経するまでの体の作用として、ごく自然な老化現象です。

とはいえ、妊娠したい方や更年期障害を軽減したい方にとっては卵巣の機能低下やエストロゲンの減少はできるだけ避けたいところ。卵巣の機能低下に伴う女性ホルモンの分泌量低下で引き起こされる更年期障害を緩和するには、エストロゲン補充療法などが取られることもあります。

女性は40歳を過ぎると,卵子数が減少し,卵巣機能が低下し,エストロゲンの分泌低下が起こり始め,無排卵による不正出血や月経異常が出現し始める.この時期を更年期と呼ぶ。

更年期になると卵胞の減少に伴い,FSHに対する感受性は低下し,血中のFSHレベルは徐々に上昇する.

エストロゲンが減少し始めると,まず,のぼせ・発汗などの自律神経失調症状が現れ,さらに,不眠・憂鬱・抑うつ・やる気がない・人に会いたくない.などの精神神経症状が出現することが多く,この異常を,更年期障害と診断して,その病態に基づくエストロゲン補充療法による治療を勧めている.

出典: (PDF) 「女性の一生は女性ホルモンの影響を受けます」順天堂医学,49(4),2004[PDF]

子宮体がんのリスクが高まる

女性にとって妊娠・出産を司る子宮のがん、「子宮体がん」は、女性ホルモンのバランスが乱れることが原因で引き起こされると言われています。

例えば、先程ご紹介したエストロゲンは、子宮内膜を分厚くし、受精卵が着床したときのために受精卵のためのふかふかのベッドを作るよう働きかける作用を持つホルモンです。

このエストロゲンの分泌量が過剰になってしまうと、子宮内膜増殖症という病気の原因となり、結果的に子宮体がんのリスクにもつながると考えられています。もちろん、すべての子宮体がんがエストロゲンの過剰分泌が原因ではありませんが、子宮体がん患者のうち、8割程度はエストロゲンによる刺激が関係しているという説もあります。

多くの子宮体がんの発生には、卵胞ホルモン(エストロゲン)という女性ホルモンが深く関わっています。卵胞ホルモンには子宮内膜の発育を促す作用がありますので、卵胞ホルモンの値が高い方では子宮内膜増殖症という前段階を経て子宮体がん(子宮内膜がん)が発生することが知られています。出産したことがない、肥満、月経不順(無排卵性月経周期)がある、卵胞ホルモン製剤だけのホルモン療法を受けている方などがこれにあたります。一方、このような卵胞ホルモンの刺激と関連なく生じるものもあります。このようなタイプの子宮体がんはがん関連遺伝子の異常に伴って発生するとされ、比較的高齢者に多くみられます。

出典: 日本産婦人科学会公式ホームページ「病気を知ろう:婦人科の病気」

子宮体がんは、エストロゲンという女性ホルモンの刺激が長期間続くことが原因で発生する場合と、エストロゲンとは関係ない原因で発生する場合がありますが、約8割はエストロゲンの長期的な刺激と関連していると考えられています。エストロゲンが関係していると考えられる子宮体がんに関しては、肥満、閉経が遅い、出産経験がないなどの場合に、発症のリスクが高くなることがわかっています。

出典: 国立がん研究センターがん情報サービスHP「子宮体がん(子宮内膜がん)」

正常な生理サイクルをチェック

月経が始まったばかりの頃は周期が安定しないこともありますが、10代後半から30代くらいまでの生殖適齢期にある女性であれば、生理の周期は25日から38日が正常だといわれています。多少のずれがあっても予定日の前後2日から5日程度なら正常の範囲です。そして、月経の持続期間は3日以上7日以内なら問題はありません。しかし、現代社会ではストレスや体調の変化によってリズムが乱れてしまうことも多いもの。無理なダイエットや拒食症、過度の運動の影響でも生理不順になることがあります。生理不順を解消するには、原因となるストレスの解消や生活習慣の改善、ホルモンバランスを整えることが大切です。

実験で実証されたマカに生理を整える作用

マカのメーカーがストレスを与えたラットにマカを与える実験によると、マカを食べていたラットの黄体機能ホルモンはそうでないラットに比べて4.5倍上昇し、妊娠可能な状態の卵子にするために必要な卵胞刺激ホルモンの値も19倍に上昇したという結果が出たそうです。

この実験では、マカの摂取でホルモンバランスを正常な状態にできたことが分かりました。ビタミン、ミネラルやアミノ酸などが豊富に含まれているマカには、ホルモンバランスを整える作用があるため、妊活中のプレママにおすすめといえるでしょう。

この研究は、イギリスの医学誌『Journal of Ethnopharmacology』に論文として発表されました。『Journal of Ethnopharmacology』は、国際的にもその研究の意義と知見が認められた研究のみが掲載される学会誌。掲載された雑誌を見るだけでも、マカがホルモンバランスを整え、生理不順などに悩む方にとって嬉しい効果をもたらしてくれることが大いに期待できるのではないでしょうか。

以下に、研究論文の概要より、研究背景と結論について引用してみましょう。

ETHNOPHARMACOLOGICAL RELEVANCE: Lepidium meyenii (Maca) is traditionally employed in the Andean region for its supposed fertility benefits. This study investigated the effect of Maca on the serum pituitary hormone levels during the pro-oestrus phase. 〜中略〜 CONCLUSIONS: The present study demonstrates that Maca uniquely enhances the LH serum levels of pituitary hormones in female rats during the pro-oestrus LH surge and acts in a pharmacological, dose-dependent manner. These findings support the traditional use of Maca to enhance fertility and suggest a potential molecular mechanism responsible for its effects.

出典: 「Lepidium meyenii (Maca) enhances the serum levels of luteinising hormone in female rats.」J Ethnopharmacol. 2014 Feb 3;151(2):897-902

上記でご紹介した論文のアブストラクトをざっくりと日本語に訳すとすれば、背景としてマカは伝統的にアンデス地方で妊娠しやすくする効能があるとして民間で活用されてきた植物であることを紹介。メスのラットにマカを与え、妊娠可能性を高めるためにどの程度の効果があるのかを実験。その結果、冒頭でご紹介したようにホルモンの値が大きく変化し、妊娠可能性を高める作用を持つ可能性が大いに期待できることがわかったと記述されています。

この研究のアブストラクトについては、海外の科学論文が紹介されているPubMedからも確認できます。英語が得意な方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか?