不妊におすすめのマカサプリ比較 » 不妊・妊活中の悩み別対策法 » 卵子の老化が気になる

卵子の老化が気になる

このページでは、卵子の老化とそれを遅らせる方法について解説しています。

妊娠には適齢期がある

卵子は老化するということを聞いたことはありませんか?妊娠には適齢期があり、どんなに若く見える人も、卵子の若返りは不可能なのです。そんなの知らなかった!という人も多いことでしょう。女性は生まれたときには、原始卵胞を約200万個持っています。しかし、生理が始まる思春期の頃には約20万個から30万個まで減少し、その後も一回の生理の度に約1000個ずつ減少を続けるといわれています。

男性はいくつになっても精子をつくることができますが、女性はもともとある原始卵胞の数から増やすことができません。卵子が年をとると、卵子が機能を失っていきます。染色体異常のある卵子も増えてしまうので、受精しても育たない、着床しない、流産してしまうということが多くなります。これは、お母さんの体を守るとても大切な仕組みなのです。

卵子の老化を遅らせることはできる

若返りが難しかったとしても、ある程度老化を遅らせることは可能です。ポイントは、生活習慣の改善です。まず、卵子の質を良くする食べ物を積極的に摂りましょう。具体的には、体が温まるような食べ物、カリウムや葉酸を含むもの、抗酸化作用のある食材、イソフラボンを含む大豆食品などです。

睡眠中に細胞は修復される

また、睡眠の質はとても大切です。睡眠美容と言われるだけあって、寝ている間に細胞は修復されていきます。また、酸素を取り込む有酸素運動や腹式呼吸を生活の中に取り入れていくのも有効です。ストレスの発散や、リラックス効果もありますので、妊娠力を高めることに一役買ってくれるでしょう。

不足する栄養素をマカで補おう

食事だけでは不足してしまう栄養素を補うのに役立つのが、マカのサプリです。マカには、ビタミンやミネラルなどの豊富な栄養素のほかに、細胞の代謝を促してくれるアミノ酸や、卵子の質を良くするカリウムもたくさん含まれています。ホルモンバランスを整えてくれる作用もあるので、妊活中のプレママにはおすすめですよ。