不妊におすすめのマカサプリ比較 » 不妊・妊活中の悩み別対策法 » 高齢出産のリスク

高齢出産のリスク

このページでは、高齢出産のリスクについて解説しています。

高齢出産の背景

女性は男性と違ってタイムリミットがあると聞くと、高齢出産のリスクが気になる人も多いのではないでしょうか。近年は晩婚化が進んでいることもあり、30代後半になってから妊娠を考え始める人も多いです。

女性の社会進出が進んでいることや、学校教育で妊娠の適齢期がいつなのかを受けられなかったことなどが、高齢出産や不妊治療が増えている背景にあるといわれています。高齢出産にはどんなリスクがあるのかを見ていきましょう。

気になる高齢出産のリスク

日本産科婦人科学会では、35歳を過ぎてからの出産を高齢出産と呼んでいます。高齢出産は、母体と赤ちゃんの双方に様々なリスクが発生します。

妊娠しづらくなる

母体の年齢が上がると、卵子の質が下がるので、妊娠できない確率が上がります。20代では何の問題もなく妊娠できても、40代になると不妊の確率は60%を超えるとされています。たとえ不妊治療を行っても、成功率は高くありません。

染色体異常のある子どもが生まれる可能性が高くなる

染色体異常が起こると、ダウン症などの障害を持った子どもが生まれる可能性が高くなります。原因の一つは卵子の老化です。女性は生まれたときに卵子の数が決まっているので、年をとると卵子の数が減るだけでなく、質も老化します。

ダウン症の発生率は25歳の出産では、1351人に1人なのに対して、30歳では909人に1人、40歳では112人に1人と高齢になるにしたがって発症率が高くなる傾向があります。

妊娠中に病気にかかりやすくなる

妊娠や出産は、母体に大変負担がかかります。妊娠中に血圧が高くなったり、尿にたんぱくが出たり、全身がむくんだりして帝王切開につながることもある「妊娠高血圧症候群」は、高齢になるにつれて発生率が高まります。年齢を重ねると、卵巣や血管の機能が低下するためです。

その他にも妊娠糖尿病や、甲状腺の疾患、子宮や卵巣に筋腫や腫瘍ができる確率も上がるとされています。

流産や早産、難産の可能性がUPする

流産と早産は、染色体異常という赤ちゃん側の原因で起きやすくなります。胎盤が早くにはがれてしまう、常位胎盤早期剥離が起きやすいこともリスクです。最悪の場合は、母体の命にもかかわります。40代の産婦死亡の確率は20代と比べて20倍だといわれています。

個人差が大きい高齢出産はマカがサポート

出産は若いときの方が赤ちゃんにも母体にも負担がかからず望ましいものです。しかし、高齢出産は個人差が大きいもの。自己管理を徹底し、食事制限や運動などで体調管理にしっかりと気を配って、出産できた人もたくさんいます。ホルモンバランスを整えてくれる作用のある、マカなどの妊活サプリは心強い妊活のサポーターになってくれるでしょう。