不妊におすすめのマカサプリ比較 » 不妊・妊活中の悩み別対策法 » 高温期が続かない

高温期が続かない

基礎体温のグラフを見てみよう

妊娠を考え始めたらつける人が多いのが基礎体温。基礎体温とは、安静時の体温。人が生きるために最低限必要な活動をしているときの体温のことです。基礎体温をつけていると、自分の体温のグラフの形が気になってしまいますよね。理想的なグラフはどんな形なのかを見ていきましょう。

理想的な基礎体温グラフとは?

基礎体温は、低温期と高温期の二相になっているのが理想的なグラフです。生理が始まってから、次の生理が始まるまでの周期が25日から38日の範囲であること、高温期が約14日間続くことの2点がクリアできていると正常な基礎体温のグラフといえます。しかし、ホルモンバランスは生活環境やストレスの影響で変化するものなので、前後2日程度の変動は問題ありません。

高温期は体の中でどんなことが起こっている?

妊娠の目安になる高温期は、体の中でどのような変化が起こっているのでしょうか。通常1mm程度の子宮内膜は、低温期の間に少しずつ厚みを増していきます。

高温期に入るころには、約1cmの厚みになるので10倍近く厚くなります。高温期が短いのは、子宮内膜が厚い状態を卵子が着床するまでの間キープできていないということです。せっかく受精しても卵子が子宮に戻ってきたときに着床しにくい、着床しても継続しにくい状態になっているということなのです。

黄体ホルモンの分泌を増やすには?

子宮内膜の厚みをキープできないのは、黄体ホルモンの分泌量が少ない可能性が考えられます。高温期の日数が8日よりも短いことが続いたら、何かしらの対策が必要です。病院では、黄体ホルモンを補充する治療を行います。高温期が始まったら、ホルモン注射を1回から数回行うのが普通です。自分でできる対策としては、規則正しい生活を送って体のリズムを整えることから始めましょう。マカなどの妊活サプリを暮らしに取り入れると、ホルモンバランスをサポートしてくれますし食事では十分とれなかった栄養素を補うことができますよ。