不妊におすすめのマカサプリ比較 » 不妊・妊活中の悩み別対策法 » 低温期が続く

低温期が続く

このページでは、基礎体温の低温期が続く原因と対策について紹介しています。

基礎体温を測ることから始めよう

基礎体温を測り始めて、自分の体温の変化を詳しく知る人は多いのではないでしょうか。排卵後は、体温が0.3℃から0.5℃上がり低温期から高温期に移行するものですが、排卵日を過ぎても基礎体温がスムーズに高温期に移行しないことがあります。なぜ低温期が続いてしまうのでしょうか。

生理周期が長い人は低温期が長い?

原因としては、卵巣機能が低下していたり、エストロゲンが不足していたりしていて、卵胞の発育が遅いことや、生活習慣が変化したストレスなどで、卵巣機能が低下し排卵されていないことなどが考えられます。高温期を維持して妊娠しやすい子宮環境に整えてくれるのは、プロゲステロンというホルモンの作用ですが、このホルモンが分泌されないとなかなか高温期に移行せず低温期が続くことになります。生理周期が長い人は、低温期が長い可能性が高いですので、まずは体温を整えることから始めてくださいね。

生活習慣の改善から始める低温期対策

生活習慣の改善から始めてみましょう。女性ホルモンは、ちょっとした環境の変化やストレスに敏感なもの。仕事の疲れや睡眠不足、人間関係のストレスの影響を受けやすいのです。ストレスを抱えすぎることのないように、自分なりのストレス解消法を持っておくとよいでしょう。

低温期が長いのは冷えが原因かも

ホルモンバランスの乱れや卵胞の成長が悪いのは、冷えが原因になっていることがあります。冷えは卵巣の働きを低下させてしまうからです。特に下半身の冷えは妊活中のプレママにとってNG。腹巻やタイツなどで下半身が冷えない工夫をしましょう。服装に気を付けるだけでなく、リンパマッサージを取り入れると、体の巡りをよくしてくれるのでおすすめですよ。

ホルモンバランスを整えることも大切

ホルモンバランスを整える方法として、妊活に効果があるとされているサプリを摂りいれることもおすすめです。マカは、ホルモンを分泌する手助けをしてくれる作用があるので妊娠しやすい体づくりをサポートしてくれるでしょう。