不妊におすすめのマカサプリ比較 » マカと一緒に摂りたい不妊・妊活でおすすめの栄養成分 » ビタミンA

ビタミンA

マカと同様、妊活に効果的に働きかけてくれるビタミンAについて紹介しています。身近に感じる栄養成分・ビタミンですが、どんな働きを持ち、どんな食材に含まれているのかご存知でしょうか。成分の働きや効率のよい摂取の仕方、摂取するうえで生じる注意点についても合わせてご覧ください。

体の基礎作りに欠かせないビタミンA

ビタミンAには動物性食品に含まれる「レチノール」と、ほうれん草やにんじんなどの植物性食品に含まれている「βカロテン」があります。βカロテンは体内でビタミンAに変換され、プロビタミンAともいわれている成分です。

ビタミンAの働き

ビタミンAには次のような働きがあります。

皮膚や粘膜の健全な働きを促す

皮膚や粘膜の状態を正常に保ち、美しい肌を維持する働きを持っています。粘膜は外敵となるウィルスやほこりなど、健康な体を維持するために働きかけるので、トータルで健康状態を保つことができのです。

また、ビタミンAは子宮内に粘膜を分泌し、受精卵が着床しやすい環境を整えてくれます。妊娠には受精卵の着床が重要なポイントになるので、それだけビタミンAが大きな役割を持っていると言えるでしょう。

細胞の分化や増殖、正常な細胞分裂に関わる働きを促進

ビタミンAは細胞の分化・促進に働きかけます。骨・神経系の形成にも大きく関わっており、妊娠初期に不足してしまうと生まれてくる赤ちゃんの発育に影響も。ビタミンAは胎児の皮膚や臓器の形成に不可欠な成分です。

基礎的な免疫の向上

粘膜の分泌を正常化することで、花粉症やアトピー性皮膚炎の予防にも働きかけてくれます。

過剰摂取には注意が必要

ビタミンAが不足すると、胎児の発達が遅れてしまい、早産や流産を招く恐れがあります。しかし一方で、過剰に摂取することも胎児に奇形のリスクが高まると言われています。

成人女性の場合、1日分のビタミンAの目安となる摂取量は2,550~3,000μg程度です。これが7,800μg以上を摂り続けることで奇形児のリスクが高まってしまいます。

βカロテンを活用する

ビタミンAには動物性と植物性に分かれているとお伝えしました。動物性のビタミンAは一日700μgほどを目標に摂取すると良いでしょう。しかしついつい食べ過ぎることも多いはず。そう言った方にはβカロテンを摂取することをおすすめします。βカロテンは体内のビタミンAが不足しているときにビタミンAに変換され、余った分は排出されるので過剰摂取の心配がないのでおすすめです。

どのような食材に含まれているか

ビタミンAは次の食材に含まれています。

  • 豚・鶏・牛のレバー
  • ウナギ
  • 銀だら
  • アナゴ
  • 鶏卵全卵

この中でもレバーはビタミンAを特に豊富に含んでいますが、動物性ビタミンとなるため妊娠期においては注意が必要です。特に妊娠初期はできるだけ食べない方が安心と言えるでしょう。

妊娠中のビタミンAの摂取方法は?

内閣府・食品安全委員会によると、1日のビタミンAの食事摂取基準量は650~780μg、耐容上限量は2,700μgとなっています。動物性ビタミンであるレバーやウナギからだと簡単に摂取できますが、葉酸やカルシウムといったほかの健康成分も取り入れることを考えると、緑黄色野菜で取り入れるのがおすすめ。

にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草にはβカロテンが豊富に含まれています。食物繊維や鉄分など体の形成に必要なその他の成分も取り入れながら妊活を行うことが大切です。

しかし、食に関して制限を設けるとストレスの原因になってしまう場合があります。たとえバランスよく食事をしていても、それがストレスの原因となってしまっては元も子もありません。食事と同じようにストレスにも気を配りながら妊活に取り組んでいきましょう。